MCA BLOG

『ブルーライト』

肉眼で見られる可視光線で青色光

のことです。

可視光線の中で、もっとも波長が短く

強いエネルギーを持ち

角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで

到達します。

 

パソコンやスマートフォンなどの

LEDディスプレイやLED証明には

このブルーライトが多く含まれています。

ブルーライトは光老化を促進してしまう

ものですが

ただ日常生活において接する程度の

人工のブルーライトの強度の場合

肌への影響は少ないと考えられます。

 

ただ、ブルーライトの肌への浸透率は

紫外線の中でも高いとされるUV-A波と

ほぼ同じとされています。

 

紫外線を浴びるとできる酸化タンパクに

ブルーライトが吸収されると

活性酸素が発生し

皮膚老化の大きな要因になります。

 

『近赤外線』

地表に届く太陽熱のエネルギーのうち、

約半分を占めるといわれる光です。

赤外線カメラや赤外線通信、

家電用のリモコンなどに

応用されています。

 

シワなどへの効果が期待できる

光治療器などの一部には

近赤外線のメカニズムを

応用しているものもあります。

瞬間的に強いエネルギーの近赤外線を

肌へ当てると

コラーゲンの生成に働きかける

ことがわかっています。

逆に、

長時間弱いエネルギーで当てると

マイナスに作用し、

コラーゲンの生成が減少します

 

★活性酸素所除去には、ジュリアータのプラセンタを。

近赤外線によるコラーゲン生成には、

ビューティーエッセンスブースの

エレクトロポレーションケアが

おススメです