MCA BLOG
  1. 紫外線は太陽光線を構成している成分の一つで

肉眼で捉えることができないという

特性があり

主に、UV-A波・UV-B波・UV-C波に

分けることができます。

 

その中で、地上に届くUV-A波・UV-B波の

違いについて

 

【UV-A波】

波長が長く、エネルギーが弱いため

肌に急激な障害を与えることは少ないと

言われています。

ただ、大気層(オゾン層)を通り抜け

太陽の位置や光の量に関係なく、

冬場でも地上に届き

肌の奥の真皮に侵入し

活性酸素の生成を高めます。

その結果、肌に蓄積的なダメージを与え、

たるみ、しわの原因となります。

 

【UV-B波】

地上に届く紫外線のうち1割程度しかなく、

波長が短いので人の表皮までしか

届かないとされていますが、

エネルギーが強く、結果として

肌へのダメージも強くなります。

短時間浴びても日焼けによる炎症反応や

数日後に肌が黒くなる色素沈着反応を

引き起こします。

また、肌表面の表皮細胞やDNAを傷付け

シミやしわ、皮膚がんの原因になります。

光老化をは防ぐには、

まずは紫外線からお肌を守ること。

内臓の働きを活性して

肌の代謝UPしましょう。

★MCAおすすめ商品★

★ベースヴェール 30ml ¥4,000

SPF30 PA+++

1、ハリ、みずみずしい艶肌に導くエイジングケア。

2、疲れたくすみ肌もパッと明るくサテンのような仕上がり。

3、使うほどにブライトニングされ透明感肌へ。

 

★豚プラセンタ 60カプセル入り ¥7,000

活性酸素の除去や肌の代謝アップに

効果的です。